分子機能研究所

 

English

 

ホーム

製品紹介

チュートリアル

価格

ご注文・お見積り

ダウンロード

サポート

ご登録

よくある質問

リンク

お問い合わせ

 

 

 

  最終修正日

  2019/02/08

 

低分子理論有機化学研究 核内レセプター研究 構造バイオインフォマティクス研究 創薬化学研究

高性能、高機能タンパクモデリング機能解析システムHomology Modeling for HyperChem 史上最強計算化学環境Gaussian Interface for HyperChem 世界初完全自動インターラクティブONIOM法インターフェイス 世界初、化学第一原理のみに基づく究極の革新技術を搭載 完全GUIベース分子2D-3D変換プログラム 比類なき構造ベース創薬支援システム AutoDock Vinaインシリコスクリーニングインターフェイス 世界初、化学第一原理のみに基づく究極の革新技術 有機合成化学者のための論理的ドラッグデザイン MFDD インシリコ創薬受託サービス HyperChem取り扱い

構造ベース創薬支援システム - SBDDソリューション -

 

構造ベース創薬支援(SBDD)システム概要

 

in silico構造ベース創薬支援システム概要

 

分子機能研究所のSBDD技術

講演

2008/01/11 辻一徳, 企業研究会招待講演資料(抜粋), SBDDソリューション資料

 

論文

Motonori Tsuji. On Attempts at Generation of Carboranyl Carbocation. J. Org. Chem., 68, 9589-9597, 2003, DOI: 10.1021/jo035090f.

Motonori Tsuji. Most Stable Conformation of the Cyclopropane Ring Attached at a Carbon Atom in a 1,2-Dicarba-Closo-Dodecaborane(12) System. J. Org. Chem., 69, 4063-4074, 2004, DOI: 10.1021/jo049854i.

辻一徳.有機機合成化学者のための論理的ドラッグデザイン, 分子機能研究所, 2006.

Motonori Tsuji. Development of the Structure-based Drug Design Systems, HMHC and DSHC. Molecular Science, 1, NP004, 2007.

Motonori Tsuji. Local Motifs Involved in the Canonical Structure of the Ligand-Binding Domain in the Nuclear Receptor Superfamily. J. Struct. Biol., 185, 355-365, 2014, DOI: org/10.1016/j.jsb.2013.12.007.

Motonori Tsuji. Geometrical Dependence of the Highest Occupied Molecular Orbital in Bicyclic Systems: Pai Facial Stereoselectivity of Bicyclic and Tricyclic Olefins. Asian J. Org. Chem., 4, 659-673, 2015, DOI: 10.1002/ajoc.201500054.

Motonori Tsuji*, et. al. Docking Simulations Suggest That All-Trans Retinoic Acid Could Bind to Retinoid X Receptors. J. Comput. Aided Mol. Des., 26, 975-988, 2015, DOI: 10.1007/s10822-015-9869-9.

Motonori Tsuji. A Ligand-Entry Surface of the Nuclear Receptor Superfamily Consists of the Helix H3 of the Ligand-Binding Domain. J. Mol. Graph. Model., 62, 262-275, 2015, DOI: org/10.1016/j.jmgm.2015.10.002.

Motonori Tsuji*, et. al. Identifying the Receptor Subtype Selectivity of Retinoid X and Retinoic Acid Receptors via Quantum Mechanics. FEBS Open Bio., 7, 391-396, 2017, DOI: 10.1002/2211-5463.12188.

Motonori Tsuji. Antagonist-Perturbation Mechanism for Activation Function-2 Fixed Motifs: Active Conformation and Docking Mode of Retinoid X Receptor Antagonists. J. Comput. Aided Mol. Des., 31, 577-585, 2017, DOI: 10.1007/s10822-017-0025-6.

 

特許

辻一徳. 生体高分子における相互作用部位の予測方法, 2006. 出願番号:特許出願2006-125188、公開番号:特許公開2007-299125.

 

プレスリリース

2005年07月11日 Institute of Molecular Function が高性能、高機能タンパクモデリング支援システム「Homology Modeling for HyperChem」を開発

2005年08月22日 Institute of Molecular Function が「HyperChem」から「Gaussian」を実行するためのインターフェイス「Gaussian Interface for HyperChem」を開発、これにより世界最強計算化学環境を実現

2006年05月08日 分子機能研究所(Institute of Molecular Function)が、疾患に関わるタンパク質の立体構造のみから、その疾患に対する医薬候補化合物を高精度に予測できる世界初の革新技術を開発

2006年11月16日 分子機能研究所(Institute of Molecular Function)がコンピュータ上で医薬候補化合物をスクリーニングできるシステムを国産としては初めて国内外の一般市場で販売開始する。

2013年12月23日 アミノ酸配列(一次構造)からタンパク質の立体構造(三次構造)が形成されるメカニズムの一端を原子・電子レベルで解明することに成功、医薬品や農薬が効果を示すメカニズムの一端を明らかにした。

2015年04月17日 有機化学反応における重要未解決問題である反応面立体選択性の本質的原理の解明に成功

2015年11月04日 核内受容体スーパーファミリーにおけるリガンド認識機構の原理の解明に成功

2017年02月15日 量子力学計算により医薬品の受容体サブタイプ選択性の予測・再現に成功

 

受託研究・共同研究 (SBDD)

15年間の豊富な受託研究、共同研究の実績があります。

受託研究・共同研究先

 

公開可能実績(一部)

Science, 319, 624-7, 2008. 日本ケミファ株式会社様、東京医科歯科大学様

Biochemistry, 49, 10647-10655, 2010. アドバンスソフト株式会社様

Biochem. Biophys. Res. Commun., 30, 173-177, 2010. 岩手医科大学様、東京薬科大学様、東京大学様

Plant Cell Physiol., 53, 1638-1647, 2012. アドバンスソフト株式会社様、東京工業大学様、愛知工業大学様

WO2015034056A1. 株式会社カネカ様

 

受託研究はリーズナブルな費用で対応可能です。

受託研究、共同研究をご希望される場合はお知らせください。折り返しご連絡をいたします。

詳細はMFDDインシリコ創薬受託サービスでご確認ください。

 

 

 

 

サイトマップ

Copyright (C) 2004-2019 Institute of Molecular Function. All Rights Reserved.