分子機能研究所

English

                

 

 

   最終修正日

   2017/05/16

 

低分子理論有機化学研究 核内レセプター研究 構造バイオインフォマティクス研究 創薬化学研究

主要研究概要 辻一徳

高性能、高機能タンパクモデリング機能解析システムHomology Modeling for HyperChem 史上最強計算化学環境Gaussian Interface for HyperChem 世界初完全自動インターラクティブONIOM法インターフェイス 世界初、化学第一原理のみに基づく究極の革新技術を搭載 完全GUIベース分子2D-3D変換プログラム 比類なき構造ベース創薬支援システム 世界初、化学第一原理のみに基づく究極の革新技術 有機合成化学者のための論理的ドラッグデザイン HyperChem取り扱い

 

分子進化仮説 

共通祖先リガンド探索研究

Synthesis and Biological Activity of Abscisic Acid Mimics. Motonori Tsuji, 学士論文(九州共立大学工学部環境化学科)

Synthesis and Plat Growth Regulation Activity of N-Acyl-L-Proline Derivatives. Motonori Tsuji, 修士論文(九州大学大学院農学研究科)

分子進化仮説

 

核内受容体リガンド探索研究 

核内受容体の構造化学

全系量子力学計算によるレセプターサブタイプ選択性起源の解明研究

Motonori Tsuji,* Koichi Shudo, Hiroyuki Kagechika. FEBS Open Bio., 2017, 7, 391-396, DOI: 10.1002/2211-5463.12188.

全系量子力学計算によるレセプターサブタイプ選択性起源の解明

 

核内受容体スーパーファミリーにおけるリガンド認識機構、ヘリックスH3三点初期結合仮説

Motonori Tsuji. J. Mol. Graph. Model. 2015, 62, 262-275.

ヘリックスH3三点初期結合仮説

Simulation of Holo-Form Formation

 

核内受容体リガンド結合領域フォールディングメカニズムおよび原子・電子レベルでのアゴニズム・アンタゴニズム理論

Motonori Tsuji. J. Struct. Biol. 2014, 185, 355-365(90日間で本論文のダウンロード数がベスト22位に入りました

核内受容体リガンド結合部位フォールディングメカニズム、アゴニズム・アンタゴニズム理論

 

核内受容体の分子機構

核内受容体アゴニズム・アンタゴニズムメカニズムの量子論による解明

Motonori Tsuji. J. Comput. Aided Mol. Des., 2017, in press, DOI: 10.1007/s10822-017-0025-6.

アンタゴニストAF-2固定モチーフ摂動メカニズム

 

定説を覆す核内受容体分子機構仮説と論理的リガンド設計

Motonori Tsuji,* Koichi Shudo, Hiroyuki Kagechika. J. Comput. Aided Mol,. Des. 2015, 29, 975-988.

定説を覆す核内受容体分子機構の提唱

レチノイン酸パスウェイ

 

核内受容体を創薬ターゲットそした論理的リガンド設計

一徳, 有機合成化学者のための論理的ドラッグデザイン

ジフェニルアミン誘導体のアッセイ結果

 

一徳, 人レチノイドXレセプターアゴニスト設計

RXR Agonist

 

一徳, 人レチノイドXレセプターアンタゴニスト設計

RXR Antagonist

 

一徳, カルボランを疎水性ファーマコフォアとして利用する応用例

アミノカルボラン誘導体

 

タンパク-リガンド複合体形成反応座標解析(分子動力学反応座標解析計算)

一徳, 細胞質レチノイン酸結合タンパクのレチノイン酸認識機構

Reaction Coordinate Analysis

 

核内受容体のホモロジーモデリング

一徳, 人アンドロゲンレセプターDNA結合領域のホモロジーモデリング

アンドロゲンレセプターDNA結合領域ホモロジーモデリング

 

一徳, 人ミネラルコルチコイドレセプターリガンド結合領域のホモロジーモデリング

ミネラルコルチコイドレセプターリガンド結合領域ホモロジーモデリング

 

理論有機化学研究

三次元ベンゼン − カルボラン − 電子構造解析

世界初三次元ベンゼンカチオン生成に対する理論的・実験的研究

Motonori Tsuji. J. Org. Chem. 2003,68, 9589-9597

フェニルカチオン   p-カルボラニルカルボカチオン

LUMO21                                            LUMO37

Phenyl Cation                                   p-Carboranyl Carbocation

 

シクロプロパン電子構造理論

第三の最安定コンフォメーション発見に関する理論的・実験的研究

Motonori Tsuji. J. Org. Chem. 2004,69, 4063-4074

シクロプロパンの最安定コンフォメーション

 

古典的立体効果と軌道相互作用の統一理論

反応面選択性の本質的原理の発見に至る理論的・実験的研究

Motonori Tsuji. Asian J. Org. Chem. 2015, 4, 659-673本論文がエディターチョイスされました

ビシクロ[2.2.2]オクテンシステム7-メチレンノロボルナンシステム

Tsuji Model for Facial Stereoselectivity

 

創薬支援基盤技術研究

構造ベース予測ファーマコフォア

世界初、革新創薬支援技術(特許取得)PIEFII

辻一徳. 生体高分子における相互作用部位の予測方法、公開番号:特許公開2007-299125.

リガンド結合部位予測

リガンドスキャフォルドおよびファーマコフォア予測

 

 

インシリコ創薬技術

Motonori Tsuji. Virtual Screening System

Motonori Tsuji. Docking Study with HyperChem

Motonori Tsuji. Homology Modeling Professional for HyperChem

Motonori Tsuji. ONIOM Interface for Receptor

Motonori Tsuji. Gaussian Interface for HyperChem

in silico構造ベース創薬支援技術(Structure-based Drug Design) 

 

創薬支援基盤技術

一徳, 構造ベース創薬支援システム研究開発

 

 

 

サイトマップ

Copyright (C) 2004-2017 Institute of Molecular Function. All Rights Reserved.