分子機能研究所

 

English

 

ホーム

製品紹介

チュートリアル

価格

ご注文・お見積り

ダウンロード

サポート

ご登録

よくある質問

リンク

お問い合わせ

 

 

 

  最終修正日

  2019/02/08

 

低分子理論有機化学研究 核内レセプター研究 構造バイオインフォマティクス研究 創薬化学研究

高性能、高機能タンパクモデリング機能解析システムHomology Modeling for HyperChem 史上最強計算化学環境Gaussian Interface for HyperChem 世界初完全自動インターラクティブONIOM法インターフェイス 世界初、化学第一原理のみに基づく究極の革新技術を搭載 完全GUIベース分子2D-3D変換プログラム 比類なき構造ベース創薬支援システム AutoDock Vinaインシリコスクリーニングインターフェイス 世界初、化学第一原理のみに基づく究極の革新技術 有機合成化学者のための論理的ドラッグデザイン MFDD インシリコ創薬受託サービス HyperChem取り扱い

Homology Modeling Professional for HyperChem

 

Interface Selection(インターフェイス選択)

インターフェイス選択モジュール

 

特徴

HyperChemは選択された分子、原子あるいは残基などのフラグメントに対して部分的にさまざまなオプション機能を適用できます。インターフェイス選択モジュールプログラムは、これらHyperChem機能を生体高分子モデリングおよび機能解析で利用するための選択ツールです。

生体高分子-生体高分子および生体高分子−リガンド相互作用に関与する原子や残基の探索のみならず、非常に多くの選択パターンを作成することができます。その他にも繊細なレンダリングを施したり、選択部分を安全に削除したりするのに非常に便利です。

また、選択された構造に対する部分構造最適化のためのコマンド類が全て利用できます。このため、HyperChem8.xで機能分離された選択とフローズンアトムの関係を気にすることなくBelly計算などの部分構造最適化(選択部分がない場合には全体構造の構造最適化)を確実に実施でき、構造最適化に失敗した時の取り消し機能も利用できます。

 

 

 

 

サイトマップ

Copyright (C) 2004-2019 Institute of Molecular Function. All Rights Reserved.