分子機能研究所

English

                

 

 

   最終修正日

   2017/07/03

 

低分子理論有機化学研究 核内レセプター研究 構造バイオインフォマティクス研究 創薬化学研究

高性能、高機能タンパクモデリング機能解析システムHomology Modeling for HyperChem 史上最強計算化学環境Gaussian Interface for HyperChem 世界初完全自動インターラクティブONIOM法インターフェイス 世界初、化学第一原理のみに基づく究極の革新技術を搭載 完全GUIベース分子2D-3D変換プログラム 比類なき構造ベース創薬支援システム 世界初、化学第一原理のみに基づく究極の革新技術 有機合成化学者のための論理的ドラッグデザイン HyperChem取り扱い

 

最新製品情報

What's New in Revision G1.

2017年4月10日:Gaussian16に対応

2016年3月26日:ONIOM Interfaceを機能強化し、生体高分子システム全系計算に対応

 


Docking Study with HyperChem, Revision G1

- 世界初、革新創薬支援技術 PIEFII搭載 Drug Design System -

Docking Study with HyperChem, Revision F1in silico screning

 

Powered by Docking Study with HyperChem THE IMPOSSIBLE BECOMES POSSIBLE. 

比類なき最先端、かつてない高性能、高機能、高速、完全GUIベース、フレキシブルドッキングシミュレーション&スクリーニングプログラムパッケージ

統合分子設計支援システムHyperChemで全自動生体高分子-リガンドフレキシブルドッキングシミュレーション、バーチャルスクリーニング。様々な状態の生体高分子システム(タンパクおよび核酸)に対応。従来製品にはない非グリッドアルゴリズムを採用し、HyperChem高信頼性高速計算エンジンによる全系を対象とした高精度手法。構造ベース予測ファーマコフォア点情報を利用する独自のドッキングアルゴリズムPIEFIIによる高信頼性を誇る安定複合体構造探索手法。

 


 Homology Modeling Professional for HyperChem, Revision G1

with Gaussian Interface for HyperChem & ONIOM Interface for Receptor

 

Homology Modeling Professional for HyperChem, Revision F1 タンパク-リガンド複合体形成反応座標解析

 

Powered by Homology Modeling for HyperChem THE IMPOSSIBLE BECOMES POSSIBLE. 

最新、高性能・高機能タンパクホモロジーモデリング、機能解析、シミュレーションパッケージ

最強の論理的分子設計ツールHyperChemGaussianでタンパクホモロジーモデリング、生体高分子モデリング、解析、シミュレーション。様々な状態の生体高分子システム(タンパクおよび核酸)に対応HyperChemGaussian計算エンジンによるエネルギーベースの最先端手法

 


 


                      世界初、革新創薬支援技術(特許取得)

                             PIEFII

              Ab Initio 生体高分子−リガンド複合体形成部位

          構造ベースファーマコフォア予測

                         リガンド高精度予測技術

                            ドラッグデザイン革新的方法論


リガンド結合部位予測

リガンドスキャフォルドおよびファーマコフォア予測

 


 

ニュース 過去のニュース


2017/05/16 Docking Study with HyperChemおよびHomology Modeling Professional for HyperChemのコア技術により、核内受容体アゴニズム・アンタゴニズムメカニズムの量子論による提唱論文が2017年5月16日欧米査読誌に受理されました。 Motonori Tsuji, J. Comput. Aided Mol. Des., 31, 577-585, 2017, DOI: 10.1007/s10822-017-0025-6.

2017/04/10 米Gaussian社の全面協力によりGaussian16W 64ビットマルチプロセッサ版(リビジョンA.03)に対応

2017/03/28 米Hypercube社のHyperChem全シリーズを取り扱い

2017/03/27 日本薬学会第137年会(仙台)講演 「ヘリックス3三点初期結合仮説:核内受容体スーパーファミリーのリガンド結合領域におけるリガンド補足メカニズムとアポ体からホロ体への構造遷移に関する理解」 ○辻一徳(分子機能研)

2017/02/15 プレスリリース量子力学計算によりレセプターサブタイプ選択性の起源の解明に成功 Motonori Tsuji, et. al. FEBS Open Bio., 7, 391-396, 2017, DOI: 10.1002/2211-5463.12188.

2016/12/29 全系量子化学計算によるレセプターサブタイプ選択性起源の解明に世界で初めて成功し、2016年12月29日欧米査読誌に受理されました。

2016/04/16 米Gaussian社の全面協力によりGaussian09W 64ビットマルチプロセッサ版(リビジョンE.01)でONIOM InterfaceおよびGaussian Interfaceの動作確認

2016/03/27 日本薬学会第136年会(横浜)講演 「ビシクロ系における最高被占分子軌道の幾何学的依存:ビシクロオレフィンの反応面立体選択性の起源」 ○辻一徳(分子機能研)

2016/03/26 Homology Modeling Professional for HyperChemおよびDocking Study with HyperChem, Revision G1 2016(機能強化版) リリース開始

2016/03/26 ONIOM Interface for Receptorを機能強化(生体高分子システム(タンパクおよび核酸)全系対応)

2015/12/01 Windows 10 Professional版にてHomology Modeling Professional for HyperChemおよびDocking Study with HyperChemの正常動作を確認

2015/11/04 プレスリリース核内受容体スーパーファミリーにおけるリガンド認識機構の原理の解明に成功 Motonori Tsuji, J. Mol. Graph. Model., 62, 262-275, 2015.

2015/10/07 Docking Study with HyperChemおよびHomology Modeling Professional for HyperChemのコア技術により、核内受容体リガンド結合領域のアポ体からホロ体へのシミュレーションとリガンドエントリーに関わるドライビングフォースの解明に世界で初めて成功し、2015年10月6日欧米査読誌に受理されました。詳細に関しましては後日プレスリリース致します。

2015/09/13 核内受容体分子機構の定説を覆す仮説提唱論文(Docking Study with HyperChemおよびHomology Modeling Professional for HyperChemのコア技術に関する詳細論文)が受理 Motonori Tsuji, et.al., J. Comput. Aided Mol. Des., 29, 975-988, 2015.

2015/04/17 プレスリリース:有機化学反応における重要未解決問題である反応面立体選択性の本質的原理の解明に成功 Motonori Tsuji, Asian J. Org. Chem., 4, 659-673, 2015.(本論文がエディターチョイスされました)

2015/03/26 日本薬学会第135年会(神戸)講演 「核内受容体リガンド結合領域正準構造に関わる局所モチーフ構造とその機能」 ○辻一徳(分子機能研)

2015/01/04 Homology Modeling Professional for HyperChemおよびDocking Study with HyperChem, Revision G1 リリース開始

2014/10/14 Homology Modeling Professional for HyperChemおよびDocking Study with HyperChem, Revision F3 リリース開始

2014/10/02 次期Windows 10 Technical Preview版にてHomology Modeling Professional for HyperChemおよびDocking Study with HyperChemの正常動作を確認

2014/03/18 Homology Modeling Professional for HyperChemのコア技術よる核内受容体リガンド結合領域フォールディングメカニズムに関する論文が掲載されました。Motonori Tsuji, J. Struct. Biol., 185, 355-365, 2014.(90日間で本論文のダウンロード数がベスト22位に入りました。


 

トピックス


2017/05/16 核内受容体アゴニズム・アンタゴニズムメカニズムの量子論による提唱論文が2017年5月16日欧米査読誌に受理 Motonori Tsuji, J. Comput. Aided Mol. Des., 31, 577-585, 2017, DOI: 10.1007/s10822-017-0025-6.

2017/04/12 米Gaussian社の全面協力により最新版Gaussian16W 64ビットマルチプロセッサ版(リビジョンA.03)に対応

2017/03/28 米Hypercube社のHyperChem全シリーズを取り扱い

2016/12/29 全系量子化学計算によるレセプターサブタイプ選択性起源の解明に世界で初めて成功 Motonori Tsuji, et. al., FEBS Open Bio., 7, 391-396, 2017, DOI: 10.1002/2211-5463.12188.

2016/04/16 米Gaussian社の全面協力により最新版Gaussian09W 64ビットマルチプロセッサ版(リビジョンE.01)で製品の動作確認

2015/10/7  核内受容体リガンド結合領域のアポ体からホロ体へのシミュレーションとリガンドエントリーに関わるドライビングフォースの解明に世界で初めて成功 Motonori Tsuji, J. Mol. Graph. Model., 62, 262-275, 2015.

Helix H3 Three-Point Initial-Binding Hypothesis

2015/09/13 核内受容体分子機構の定説を覆す仮説提唱論文(Docking Study with HyperChemおよびHomology Modeling Professional for HyperChemのコア技術に関する詳細論文)が受理 Motonori Tsuji, et.al., J. Comput. Aided Mol. Des., 29, 975-988, 2015.

2015/04/17 有機化学反応における重要未解決問題である反応面立体選択性の本質的原理の解明に成功 Motonori Tsuji, Asian J. Org. Chem., 4, 659-673, 2015. (本論文がエディターチョイスされました)

Tsuji Model for Facial Stereoselectivity 

2014/03/18 Homology Modeling Professional for HyperChemのコア技術よる核内受容体リガンド結合領域フォールディングメカニズム、アゴニズム・アンタゴニズム理論に関する論文受理 Motonori Tsuji, J. Struct. Biol., 185, 355-365, 2014. (90日間で本論文のダウンロード数がベスト22位に入りました)

核内受容体リガンド結合部位フォールディングメカニズムとアゴニズム・アンタゴニズム理論

2013/07/01 分子機能研究所創設10周年

2012/11/30 構造ベースファーマコフォア予測に関する特許を取得

2012/07      Homology Modeling Professional for HyperChemの引用論文がPlant & Cell Physiology誌に掲載 Plant Cell Physiol. 2012 Jul; 53(9): 1638-1647.

2010/12      Homology Modeling Professional for HyperChemの引用論文がBiochemistry誌に掲載 Biochemistry. 2010 Dec; 49(50): 10647-10655.

2010/04/30 Homology Modeling Professional for HyperChemの引用論文がBiochemical and Biophysical Research Communications誌に掲載 Biochemical and Biophysical Research Communications. 2010 Apr 30;395(2):173-177.

2008/02      東京医科歯科大学との共同研究によりインシリコ創薬支援システムとしてDocking Study with HyperChemおよびHomology Modeling Professional for HyperChemを使用した初の成果論文がサイエンス誌に掲載 Science 2008 Feb 1; 319(5863): 624-7.

2008/01/11 企業研究会講演

2007/11/15 米Hypercube社のHyperChem取り扱いを開始

2007/06/29 分子科学会電子ジャーナル創刊号、Motonori Tsuji, Molecular Science, 1, NP004, 2007、に製品紹介論文が掲載

2007/06/16 米Hypercube社、Neil S. Ostlund 代表兼CEOの全面協力により最新HyperChem8に完全対応

2006/06/05 Docking Study with HyperChemリリース開始

2005/12/01 Homology Modeling Professional for HyperChemリリース開始

2005/11/28 Gaussian Interface for HyperChemおよびONIOM Interface for Receptorリリース開始

2005/08/09 米Gaussian社オフィシャルサイトが製品をトップレベルでリンク

2005/07/11 Homology Modeling for HyperChemリリース開始

2005/05/01 分子機能研究所ホームページ開設

2004/03/24 カルボラン電子構造の分子軌道理論による解明と、シクロプロパン環の第三番目の最安定コンフォメーション発見に関する実験的・理論的研究成果が受理 Motonori Tsuji, J. Org. Chem. 69, 4063-4074, 2004.

2003/08/06 カルボラニルカルボカチオン生成に関する世界初の実験的・理論的研究成果が受理 Motonori Tsuji, J. Org. Chem. 68, 9589-9597, 2003.

2003/07/01 分子機能研究所創設


 

 

 

* HyperChemはHypercube, Inc.の登録商標です。

** GaussianはGaussian, Inc.の登録商標です。

*** 本製品の開発にあたり、Hypercube, Inc.およびGaussian, Inc.の承認済みです。

 

 

サイトマップ

Copyright (C) 2004-2017 Institute of Molecular Function. All Rights Reserved.