分子機能研究所

English

                

 

 

   最終修正日

   2018/07/01

 

HyperChem −ハイパーケム−

統合分子モデリングソフト

HyperChem, Release 8

長年、世界中の化学者に愛用されているスタンダードの分子モデリングソフト。

HyperChem

 

HyperChem(ハイパーケム)は理系の高等学校、高等専門学校、大学、大学院教員および学生の方々の化学教材として必須のソフトウエアです。

 

概要

高校化学、大学学部や大学院の基礎化学、有機化学、無機化学、物理化学、理論化学、計算化学、量子化学、生化学、薬化学、農薬化学、機能材料化学、環境化学、天然物化学、生理活性化合物化学、石油化学、機器分析(振動解析チャート予測)、構造解析(核磁気共鳴ケミカルシフト予測)などの教材として世界中で最も広く使われている統合分子モデリングソフトです。

ハイパーケムは1980年代後半から開発されてきた非常に歴史のあるソフトで信頼性も高く、既存の高価な分子モデリングソフトの大半はハイパーケムをまねて作られているといっても過言ではありません。無料のモデリングソフトではまねのできない様々な付加価値のある高度な機能が多数用意されています。

ハイパーケムは誰でも簡単に操作ができ、分子の仕組みや反応の説明に利用できる優れた教材として利用されているだけでなく、最先端の医薬分子設計や機能性材料の設計まで実施できます。

ハイパーケムには分子力学計算、分子動力学計算、半経験分子軌道法、量子化学計算、摂動理論、密度汎関数法といった高度な計算化学が網羅的に実装されている世界でも数少ないソフトです。

ドローソフトと全く同じ要領でパソコン画面上に自由に分子を描くことができ、瞬間的に三次元に変換してくれます。また、三次元化した後はボタン一つで高度な計算が全自動で実施できることもハイパーケムの特徴となっています。

平面構造をドローワンクリックで三次元化と自動水素付加

計算化学を実施した場合には、分子軌道、静電ポテンシャルや電荷密度などを様々なスタイルで非常にきれいに表示でき、量子としての性質を理解する上で大変役立ち、高等化学教育の教材として最適です。

ベンゼンの縮退した最高被占軌道ベンゼンの電子密度に静電ポテンシャルをマッピング

様々な描画スタイルで原子や分子を非常にきれいに表示でき、分子模型を組み立てるよりはるかに簡単にきれいな分子をパソコン画面上に表示してくれます。

アミノ酸、ヌクレオチド、糖、モノマーなどのビルド機能も用意されているので、簡単にボタン一つでポリペプチド(タンパク質)、核酸、多糖、ポリマーを構築でき、学生さんや研究者の方が分子の形を理解するのに大変役立ちます(自動的に原子タイプや電荷も同時に割り振られているので構造ビルドと同時に計算を実施できます)。

ヘリックスのポリペプチドの自動ビルドB型DNAの自動ビルド機能

PC1台用のスタンドアロンバージョンから学年、学部、全学、所属機関で利用できるサイトライセンスも用意されています。

PC授業イメージ

費用も同種分子モデリングソフトと比較して数十分の1から数百分の1に価格が抑えられており、大変導入しやすくなっています。このように費用対効果に大変優れていることも、世界中で広く、そして長年愛用されている理由の一つです。

様々なファイル形式に対応している他、多くの分子モデリングおよび分子ビューアソフトがハイパーケム独自のフォーマットをサポートしています。

日本全国および世界各国の高校、高等専門学校、大学、国立・独立行政法人などの各研究機関には必ずと言ってもよいほど導入されています。また、分子モデリングに少しでも関わった方であれば必ずと言ってもよいほど利用した経験のあるソフトです。

貴学・貴所でも是非導入をご検討してみてください。

 

詳細(専門的)な機能はこちらから

 

アノテーション機能を活用すると、授業中にメモをとりながら教師が板書した内容をそのまま保存できます。内部の電荷や原子タイプといったパラメータを保持したまま(ユーザーは一切気にする必要はありません)コピー&ペーストも簡単にできます。授業を電子化して学生と共有することもごく簡単にできます。

 

事例

サリチル酸のメチルエステル化を平面構造でドローします。

平面構造をドロー

ワンクリックで三次元化と自動水素付加されます。

ワンクリックで三次元化と水素付加

回転させてみます。

回転してみる

半経験分子軌道法PM3で一点計算の後、最高被占軌道(HOMO)を表示してみます。

半経験分子軌道法で一点計算および最高被占軌道を表示

こうした作業がごく簡単にできます。

 

今後も多くの事例を紹介します。

是非、皆さんもご自身でハイパーケムの素晴らしさを体験してみてください。

 

推奨最小システム構成

プロセッサー:インテルCoreおよびXeon (1GHz以上)(Pentium III 以降に対応)

オペレーティングシステム:マイクロソフトWindows 7または10 (32ビットおよび64ビット (WOW64)版に対応)(Windows 95以降に対応)

メモリー (RAM):2GB以上(最低256 MB以上)

ハードディスク 128GB以上 (本体のみで300 MB必要)

その他:CD-ROMドライブ、キーボード、マウス(キーボードと併用すればタッチパネルにも対応可能)

 

弊所は国内唯一のHyperChem正規ディーラーです。

米Hypercube社に直接問い合わせはできません。弊所を必ず経由してください。

注文受付・お問い合わせはこちらから

 

HyperChem Release 7 完全マニュアル (約20 MB)

旧HyperChemマニュアルです。Release 8でも基本操作はほぼ同じですが、Release 8から選択と機能が分離されていることに注意が必要です。

HyperChemを用いた各種チュートリアルはYouTube上の動画を参考にしてください。

 

 

 

* HyperChemはHypercube, Incの登録商標です。

 

 

サイトマップ

Copyright (C) 2004-2018 Institute of Molecular Function. All Rights Reserved.